住宅メーカーの評判 ハウジングちゃんねる
iconトヨタホームの評判



iconトヨタホームについて

トヨタホームはトヨタ自動車の住宅部門としてスタートし、2003年に住宅会社として独立。トヨタホームの鉄骨ユニット住宅は、構造体の組み立てや防錆などの工程を自社工場で行っています。全体のおよそ85%を工場生産することで、安定した品質を実現。

2008年より、最長60年保証をつけた住宅の販売も開始。鉄骨ユニット住宅として、愛知県ではセキスイハイムよりシェアが高くなっています。

iconトヨタホームの特徴

トヨタホームは鉄骨ラーメンユニット工法で、太い柱と梁によって強さを発揮します。構造的にセキスイハイムと同じで、ほとんどの工程を工場で生産する鉄骨プレハブ住宅。太陽光発電住宅では、ハイムより価格的に高めになるようです。また、ハイムと同様、上棟が1日で終わるのも大きな特徴。内装は下請けの業者次第になります。

シンプルでクールな外観が気に入って選んでいる人も多くみられます。スマートハウス、コンパクトで大空間の家、ガレージのある家、ベースプランにアレンジをプラスした家が1600万円からのLQなどのラインナップがあります。ゼロエネルギー住宅「シンセ・グレートソーラー・ゼロ」「エスパシオ・LX・ゼロ」は2015年1月発売。

シンセはユニット工法、エスパシオは鉄骨軸組工法。シンセは、工場でつくったユニットを据え付けるので、工期が短く、そのため工賃も安いようです。2016年、クルマから住まいを遠隔操作できる住宅を発売。トヨタ自動車の「T-Connect」との連携で対応ナビによる玄関ドアの電気錠の施錠や、エアコンの電源、給湯器を遠隔操作などが可能になるようです。

平均坪単価74.2万円/平均単価2810万円(2013年度)
シンセ/65〜70万円、エスパシオ/75〜80万円、LX/80万円以上(2015年)

image

icon人気のポイント

工場生産された鉄骨ユニットでつくられるトヨタホームは、品質にばらつきのないところがポイント。鉄骨ユニット住宅は強度のための壁を考える必要がないので、開放感のある広いLDKも可能です。セキスイハイムと比較して、トヨタホームはトヨタの社員割引が利用できるなら価格的にお得。坪単価は50万円台前後からが多く、安くはありません。

また、どこの住宅メーカーでも営業マンの当たり外れがありますが、ここでも営業マンに対する苦情は多くみられます。いい営業マンに出会えれば満足度は高くなっています。

icon口コミ評判

口コミでは、営業マンへの不満とアフターの悪さに対する苦情が多くみられます。どの住宅メーカーも欠陥やクレームは出ていますが、アフターがよくないという声も多いです。工場施工率80%台をうたっているものの、 半分ぐらいは現場作業なので 現場監督や大工さん次第になります。

営業マンとの相性がよかった場合の評価は高く、空調や耐震、遮音性など住宅そのものの評判はマル。内装など下請け業者によって当たり外れがあります。また寒冷地対策がイマイチのせいか、東北などでの販売戸数は少なくなっています。

2階リビングの場合に取り付けたいエレベーター費用、メンテ代が他社より安いと評判。業界最長となる60年保証住宅の販売もはじめたようですが、建てた後のアフターが悪いとの評判が気になります。

icon実際の口コミ

【みるち/40代】満足度7★★★★★★★☆☆☆
トヨタホームは大手自動車会社の系列ハウスメーカーなので、建築途中でつぶれる心配がなかったこと、系列の金融会社にてローンを組んだので、金利を安く済ませることができたことが、よかったです。

家はユニット工法で造られるので、騒音や工事車両の搬入などで、近隣の住民にほとんど迷惑をかけることなく、短時間で組みあがりました。鉄筋構造なので、柱の数が少なく、窓も広くとることができ大きく開放的な窓を付けてもらうことができました。耐震性も高く、地震のときも倒壊の恐れはほぼありません。

悪かった点は、担当者によりばらつきがあったことです。ローンや外構、火災保険などとても詳しい担当者もいれば、なかなか話が通らずにいらいらさせられる担当者もいました。また、アフターサービスの対応が非常に遅いです。細かい修繕が必要で連絡しても、実際に修理されるのは数カ月後とういことも良くあります。


⇒ハウジングちゃんねるTOPへ


 ©  Housing Channel all rights reserved.