住宅メーカーの評判 ハウジングちゃんねる
iconタマホームの評判



iconタマホームについて

タマホームは、1998年設立の住宅メーカーで急成長している会社。坪単価25.8万円の広告や頻繁なTVCMで有名。

しかし、坪単価に設備、上下水道や電気工事は含まれないため安いわけでもなく、坪単価40万円からが普通とか。木造軸組工法を採用した木造住宅。建築地域により、販売商品が異なっています。

2016年4月、中高価格住宅を手掛ける全額出資子会社、「日本の森と家」を設立。伝統建築工法を応用した「板倉工法」を採用し、標準で3千万〜4千万円(土地代をのぞく)という価格帯で販売。これは、タマホームの平均価格のおよそ2倍ということです。

iconタマホームの特徴

タマホームは、坪単価の安さ以外の特徴がないとの意見が多くみられます。安さは、業者との直接取引によって間に入る現場管理会社へのマージンが発生しないためとか。また、工期を早くすることで価格を抑えているようです。そのために業者の仕事が雑になってしまうという話も。

25.8万円の坪単価にはほとんどの設備工事が含まれていないため、40万円以上になるのが普通のようです。

image

icon人気のポイント

ローコスト住宅として価格を抑えたい人に人気のタマホーム。いつ倒産するかわからない地元の工務店よりは安心な住宅メーカーとして、検討している人も多くみられます。

大手の住宅メーカーと比較すれば価格的に安いようですが、標準装備ではイマイチとの意見。日本の風土に合わせた木造軸組工法を採用した高品質で低価格の住宅で急成長しています。営業マンの悪い評判も多いですが、タマホームが手ごろと思える人が建てているようです。

icon口コミ評判

建売を購入するなら、タマホームの注文住宅のほうが安心という人も。安さが売りですが、思ったより坪単価が高い、全然安くなかったという人も多いです。これは、地盤調査や屋外電気配線工事、屋外給排水や上下水道の工事など坪単価に含まれていないため。

タマホームは全国一律の価格としているため、大手メーカーのような値引きは期待できないという口コミがほとんど。他社のように総額表示に変えたものの、坪単価の安さ前面に出す戦略に戻しました。

販売戸数が多いため、営業マンへの不満や欠陥などのトラブルも多いようです。 。人件費の削減が安さの理由であり、またそれがクレームの原因ではないかといわれています。値段のわりにしっかりした家で快適、材料や構造を考えると高くないと満足しているとの評価もみられます。

icon実際の口コミ

【たまちゃん/30代】満足度7★★★★★★★☆☆☆
低予算で家を建てたかったので、タマホームとアイフルホームを見に行きました。 アイフルホームは設計が決まっていたのと、なかなかこれと決められるような良いものがなかったのでやめました。

タマホームは自由設計が出来る事と低予算で出来そう、それと住宅展示場での担当についた方の対応が良かったので決めました。良かった点は、標準装備でトイレやお風呂や壁紙、床、色々な種類から選べること。 外壁も標準で色んな種類があり迷うぐらいでした。担当の方の説明もわかりやすかったです。 色んな商品の良い所も悪い所も教えてくれました。

柱も東北地方と同じ太さらしく、しっかりした太い柱の作りです。 窓ガラスもペアガラスが標準でした。 24時間換気システムも標準でした。 アフターサービスもしっかりしていて、困った事があり電話をするとすぐに来てくれました。 悪かった点は、低コストなので床のフローリングが少し安っぽいです。 でも5年住んでいますが快適です。

【おはな/30代】満足度8★★★★★★★★☆☆
タマホームで家を建てました。 良かった所は、壁紙や外壁材、屋根瓦やドアやサッシなどが標準仕様でも種類が豊富だった所です。 間取りだけではなく、壁紙などにこだわることで部屋の印象ががらりと変わり、個性的な家づくりが出来たと思います。

また、6年経った現在でも家のちょっとした不具合を電話一つで見に来て直していただけるので、助かっています。 もう6年も経つので、本当は修理も有料のようなのですが、今のところお金を請求されたことはありません。 定期点検もしていただけるので、安心して住み続けることができます。

悪かった点はイメージ。タマホーム=低コスト住宅というイメージがありますが、実際は他社と大差ありませんでした。 理由はタマホームではベランダや玄関、吹き抜けの床のない二階部分も延べ床面積に数えられてお金を計上されるシステムだったからです。 周りには安く家を建てたと思われがちですが、意外に高いです。

【おはな/30代】満足度6★★★★★★☆☆☆☆
タマホームの良かった点。
自由設計のため、自分が求める設備、間取り等を考えて提案することでそれに対してはしっかりと向き合って検討・回答いただいたことです。 また、前例のあまりない対応・設備の導入についても相談しながら進めることが出来たことです。 標準設備を使えば単価もかなり抑えられ、標準仕様内でも自由度はかなり高いため、コストパフォーマンスは良いと思います。

しかし、標準設備を使っている間はコストが抑えられるものの、それ以外のものを導入しようとすると価格が跳ね上がります。 注文住宅、という名前のとおり自由度の高い家を建てようと思うと、思わぬコスト高になる可能性があります。

また、営業が多数の客を受け持って対応しているため、レスポンスは基本的に非常に悪いです。自ら動かないと営業担当者も対応がまわらず、遅れがちです。仕様が決定した後は工務に引き継がれるが、工務も多くの現場を掛け持っておりコミュニケーションが取りにくいです。

アフターサポートは別会社に引き継がれるが、定期点検やその後の修理も基本的に放置されたり非常に対応が遅いため、そこは期待しないほうがいいと思います。ある程度自分で調べ、行動でき、交渉も出来る人にとってはお勧めだと思います。

自分は結果的にタマホームで建て、設計や設備のトラブルで交渉した結果様々譲歩も頂いたが かなり対応に疲れたので、もう一度過去に戻った場合タマホームを活用するかといわれるとなんともいえないです。


⇒ハウジングちゃんねるTOPへ


 ©  Housing Channel all rights reserved.