住宅メーカーの評判 ハウジングちゃんねる
iconセルコホームの評判



iconセルコホームについて

セルコホームは、カナダ輸入住宅のメーカー。2×6で断熱性の高さが特徴となっています。ありきたりではない洋風の外観デザインや内装、高気密高断熱で選ばれています。安くても性能のいい家が売りですが、オプションや自由設計で結構高くなるためローコスト住宅とはいえないようです。

本社は宮城県仙台市、建売分譲住宅の販売からはじめ、1995年に輸入住宅の販売をはじめた会社。エコ住宅は家自体の性能が重要と考え、躯体の省エネ性・耐久性が高い住まいを提案しています。

iconセルコホームの特徴

全国にチェーン展開することで資材の一括購入、また現地工場で加工・組立てまでを行いパッケージで輸入して資材費を抑えるなどして安さを実現しているとか。しかし、坪単価50万円台以上の家が多く、ローコスト住宅ではないといわれています。

良質なカナダ製細繊維グラスウールを使用した断熱材、Low-E2加工のペアガラスとカナダ製PVC樹脂サッシを標準装備しており、断熱性能は評判。夏のエアコンの効きがよく、冬場の結露の発生を抑える効果もあるようです。

カナダ住宅「クイーンアン・スタイル」「ジョージアン・スタイル」「アーリーヴィクとリアン・スタイル」やオリジナルブリックを使用したレンガの家があります。

阪神淡路大震災後に、ツーバイフォー工法を標準仕様として販売スタートした「ザ・ホーム」は、より快適性や経済性、安全性などの性能を向上させ、2016年に一新しています。

image

icon人気のポイント

輸入住宅としてのおしゃれで特徴のあるデザインが評価されています。また、構造材に粘りのあるヒノキ系、床やドアなどのには堅牢なオークの無垢材を使用している点も好評。安くても性能のいい家として検討している人が多くみられます。

しかし、レンガの外壁などのオプションや変更が多いと坪単価は高くなるため、ローコスト住宅を考えている人には向かないようです。2×4よりひとクラス上の2×6工法を外周部分に施した強固な住まいとして人気。

icon口コミ評判

セルコホームの高気密高断熱性能は評価されています。しかし、エアコン一台で家中快適といえるか微妙。冬暖かいものの、空気の乾燥がはげしいという人が多いですね。フランチャイズのため施工業者によって当たり外れがあり、輸入住宅にありがちな雑さ、粗さもあるため建築中はしっかりチェックする必要があります。レンガの外壁は、立地によってコケが生えたり、雨だれのあとが付くことも。加盟店のプランは安いですが、注文住宅は高めです。

輸入住宅なので、ベランダなしが標準。断熱性能は高く満足している人が多く好評。外壁レンガは高くなるため諦める人もいますが、性能・メンテなどを考えると元がとれるという人も。セルコホームでは、アフターの評価は高くなっています。


⇒ハウジングちゃんねるTOPへ


 ©  Housing Channel all rights reserved.