住宅メーカーの評判 ハウジングちゃんねる
icon地盤調査について



icon地盤調査について

住宅建築を考えたら、地盤調査が常識です。戸建住宅の地盤調査は安易に考えることなく、きちんとした地盤調査会社に依頼しなければなりません。基礎が頑丈であるからとか、問題のない土地だから調査は必要ないということはありません。正確に測定することはもちろん、地形や地盤の状況をしっかり判読してもらうことです。

大手ハウスメーカーではほとんどが地盤調査をして基礎工事の判断をしています。

icon地盤調査方法

戸建住宅の地盤調査方法は、スウェーデン式サウンディング調査が費用も安く一般的になっています。

スウェーデン式サウンディング調査(SWS試験)は木造住宅で使われることが多く、深度10mまで測定できます。先端がキリ状になった機具に荷重をかけ、25cm下がるまで何回転させたかを調べて地盤の強さを推定します。1ヵ所2万円ぐらい(調査所要時間は30分程度)、数ヶ所調査して10万円以内ですむので一般的です。ただ、この試験は密な砂質土層や礫・玉石層・固結土層等には適用できません。

ボーリング調査(標準貫入試験)は基本的な調査方法ですが、木造住宅で使われることはほとんどないようです。サンプラーを取り付けたロッドのうえに63.5kgのおもりを76cm落下させ、地面に30cmくい込ませる打撃数によって地耐力を調べます。同時に土も採取し、砂質土か粘性土かも調べることができます。正確な地盤調査ができるものの費用が高いため一般の木造住宅で使われることはなく、RC(鉄筋コンクリート造)建築の場合の地盤調査に使われることが多くなっています。

表面波探査法は、地表から地中に向け振動波を発信して地盤の硬さを調べます。硬い地盤ほど振動波が速く伝達するという性質を活かして、振動波の反射時間により地盤が硬いか柔らかいかを調査しています。費用はスウェーデン式サウンディング調査とボウリング調査の中間ぐらいですが、スウェーデン式サウンディング調査では判断できない不同沈下のおそれがあるかないかも正確に判断することができます。

住宅地盤調査は、料金だけで選ぶのではなくて口コミや評判なども調べたうえで決めるようにするのがいいでしょう。

icon沖積層・埋め立て地など軟弱地盤の場合

軟弱地盤対策の費用を削ることはできません。しかし、調査の深さは試験掘りが基礎の底面付近までとするため、サウンディングの深さはスウェーデン式の限度である10mで十分のようです。軟弱であることが問題ではなく、その地盤にきちんとした対策がされているかになります。ほとんどの場合、基礎仕様の変更や地盤補強によって住宅建築が可能となっています。

icon建売住宅の地盤

建売住宅で地盤調査なしの場合に、建った後は専門家でも安全か危険性なのか断定的な判断をしてくれません。地形や周辺状況を考慮したり、図面を確認して自分で決めるしかないようです。契約書に「将来家が傾いた場合は無償で修理する」との項目があれば安心でしょう。

マイホーム


⇒ハウジングちゃんねるTOPへ


 ©  Housing Channel all rights reserved.